【不正アクセスに負けた】Contact Form 7にreCAPTCHAを導入しないと大変なことになるよ

この記事は以下のような人におすすめ!

  • めちゃめちゃズボラ
  • WordPressの設定がなんとなくわかっていない
  • Contact Form 7ってのをとりあえず入れてみた
  • スパムが来すぎて後がない

結論:reCAPTCHAはスパム対策の王道!!

理由は以下です


 


スパムが来すぎてConoHa お客様センターに怒られる

最近は仕事が忙しくてブログを書いていませんでした。

ログインもせずに放置。

そうして3ヶ月が過ぎた頃、

ConoHa お客様センターから1通のメールが。

 

 

たしかに…

そういえばなんか年末あたりから大量に英語のメールが来てた…

でもなんかめんどくさくて全部放置してた….

 

 

まったくお問い合わせしてないのに、

受付されて、お知らせされてた…

Akismetもなんか大変なことに…

 

 

これはどうにかしないと。

 

 

ConoHa お客様センター曰く、

「Contact Form 7を利用した悪い海外勢がいるから

reCAPTCHAを入れなさい」

ということらしいのでreCAPTCHAを導入することになりました。

 


reCAPTCHAとは

このサイト(persol-tech-s.co.jp/…logy/securitycaptcha)によれば、

「この操作はbotによるものなのか、人間によるものなのか」を判別する仕組み…

その仕組みの総称を「CAPTCHA(キャプチャ)」と呼び、

そのうちGoogleが提供しているサービスが「reCAPTCHA(リキャプチャ)」です。

だそうです。

「私はロボットではありません」は、このreCAPTCHAによるものですね。

つまりこの画像のシステムを導入しろってことですね


Contact Form 7には reCAPTCHAを入れる

ConoHa お客様センターの言うように

Contact Form 7には最初からreCAPTCHAを入れられるようになっていました

 

しかし!

このリンクからでは英語だらけで必要な情報には辿りつきません!!

直接、GoogleのreCAPTCHAのサイト

(https://www.google.com/recaptcha/about/)

に飛んだ方が楽です!!


reCAPTCHAの導入方法

上記サイトをクリックしたら、

画面中央少し右にある「v3 Admin Console」をクリック

 

 

ひらくと入力項目がでてくるので埋めて送信!

 

 

サイトキーとシークレットキーが発行されます

 

 

これでreCAPTCHA側の設定は完了!

次はContact Form 7の設定です!


WordPress、Contact Form 7側での設定

WordPressを開いて

お問い合わせ欄のインテグレーションをクリック

 

 

reCAPTCHAで発行されたサイトキーとシークレットキーを入力して保存!

 

 

これで完成!!

 


reCAPTCHA導入のまとめ

まとめると、

  1. reCAPTCHAのサイトでサイトキー、シークレットキーを発行、
  2. WordPressのContact Form 7で入力

の2段階で導入完了でした

はたしてこれで私のブログのお問い合わせフォームは守られるのか…

後日、結果を書きます!

 


 

アイキャッチ 副業

この記事は以下のような人におすすめ! Google AdSenseの広告配信が制限された人 結論:原因が思い当たればそれをやめる。思い当たらなければ放置。ただ、完全放置でも(断続的に)30日以上制限さ […]

この記事は以下のような人におすすめ! ブログでどれくらい稼げるのか知りたい 特化ブログと雑記ブログどちらが有利なのか知りたい YMYLの影響を知りたい   結論:健康系の特化ブログはやめてお […]

アイキャッチ 副業

この記事は以下のような人におすすめ! Google AdSenseの広告配信を制限された 制限が全然解除されない 対策を知りたい 結論:Google AdSenseの広告配信の制限は連続することもある […]

 

広告