【裏技】キャンプ好き必見!焚火で恥をかかない4つのチート技とは?

はじめに:キャンプの夜、焚き火を囲んで過ごす時間は格別です。

しかし、実際に火を起こすのは想像以上に難しいもの。特に初心者やたまにキャンプを楽しむ人にとっては、火起こしは一苦労です。

YouTubeの動画ではカットされがちですが、実際には火がなかなかつかないことで、焦りや恥ずかしさを感じることも。

そこで、今回は、キャンプの焚き火で使える「チート技」を3つ+αご紹介します。これらを使えば、状況が悪くてもスムーズに火を起こすことができ、キャンプでの印象も格段にアップすること間違いなしです!

 

 

パワートーチの利用

パワートーチは、強力な火力で素早く焚き火を始めることができる便利なツールです。
通常のライターやマッチと比べて風に強く、少しの燃料で大きな火を生み出すことが可能です。
使い方は非常に簡単で、焚き火の下部に向けて数秒間炎を当てるだけ。これだけで木材が燃え始めます。

 

 

着火炭の活用

着火炭は、火起こしを助けるための小さな固形燃料です。
火がつきやすく、長時間燃焼するため、安定して焚き火を維持するのに役立ちます。
使い方は、木材の間に着火炭を挟んで点火するだけ。この方法で、火おこしの難易度を大幅に下げることができます。

 

 

ハンディファンの使用

ハンディファンは、風を送って火を助ける手軽なツールです。
火が弱くなった時や、火を大きくしたい時に非常に有効です。
自然の風を待つ必要がなく、自分のタイミングで適切な風量を送ることができます。
小型で持ち運びも便利なため、キャンプの際に一つあると大変重宝します。

 

 

料理油を使った燃焼

意外かもしれませんが、料理油も焚き火の助けになります。
料理油は、木材が十分に乾燥していないときや湿気が多い環境でも、火をつけやすくする効果があります。
使い方は、小さじ一杯程度の料理油を木材の表面に塗り、着火します。
油は火をつけやすくするだけでなく、燃焼を安定させ、火力を持続させる助けにもなります。
ただし、油の使用量には注意が必要です。過剰に油を使うと、予想外の大きな炎を生じる危険性がありますので、少量から始めてください。

 

 

まとめ:これらのチート技と料理油の使用を駆使すれば、キャンプでの焚き火がぐっと楽になります。

しかし、大切なのは安全第一。火の取り扱いには十分注意しましょう。

また、自然を大切にする心も忘れずに。

次のキャンプで、これらのテクニックを試してみてください。

スムーズな火起こしで、キャンプの楽しさが倍増するはずです!

 

目次 1 おすすめのサプリはメラトニン2 メラトニンとは?効果は?3 メラトニンの睡眠効果は弱い?4 メラトニンのおすすめ摂取量は何mg?副作用はあるの?4.1 原発性不眠症4.2 長期使用成績5 メ […]

エアリズム3Dマスクは買ってはいけない

この記事は以下のような人におすすめ! ユニクロの最新エアリズム3Dマスクが気になる かっこいいマスクが欲しい 機能性のあるマスクが欲しい 結論:ユニクロ2022年の最新エアリズムマスクは鼻が潰れる 理 […]

アイキャッチ 雑談

この記事は以下のような人におすすめ! Apple Watchのおすすめバンドを探している ミラネーゼループのデメリットを知りたい 結論:ミラネーゼループはめちゃめちゃかっこいいけど、夏専用 理由は以下 […]

広告